1. TOP>
  2. 中央グリーン開発の取り組み>
  3. 【通風を考慮し、自然の力を活用した快適空間の実現】イニシエ野田・山崎(全16邸)

中央グリーン開発の取り組み

  • 2012/05/11
  • 環境・生態系保全

【通風を考慮し、自然の力を活用した快適空間の実現】イニシエ野田・山崎(全16邸)

イニシエ野田・山崎(全16邸)では、立地の特性を研究し、通風や日差しを考慮した自然の力を活かした心地よい空間デザインを実現しました。夏の日差しは庇部分の長い「縁ひさし」などでカットし、冬の日差しは開口部からたっぷり採り入れます。

1階窓や採風玄関ドアを風の入り口とし、出口に高窓やトップライトなどを設けることで、高低差により自然に風が流れ、無風時も室内にこもる熱気を効果的に排出し、いつでも快適な室内を保ちます。

また天然木無垢フローリングなどのこだわりの素材を使用し、素足で歩いた時に感じる天然木ならではの心地よい肌触りや、思わず寝転がりたくなるような優しい温かみを大切にしました。天然木ならではの高い調湿作用で、空気中の水分を調整してくれるので、いつでも快適な室内を保ってくれます。

ポラスの大型分譲住宅 パレットコート
コミュニティサポート制度「マチトモ」
Facebookページはこちらから
分譲地コミュニティ
暮らしステキセミナー&カルチャー
収納コンシェルジュサービス付分譲住宅
ページの先頭へ