1. TOP>
  2. 新築一戸建てに住む>
  3. 灯かりのいえなみ協定

新築一戸建てに住む

灯かりのいえなみ協定

連続した灯かりの共有が街の価値を高める。 パレットコート六町 東京ココロシティ

灯かりのいえなみ協定がある分譲地

灯かりのいえなみ協定®とは

一般的な分譲住宅地外灯点灯イメージ灯かりのいえなみ協定を採用してる分譲住宅地の外灯点灯イメージ

『永く暮らす住まいと街だからこそ、いつも美しい景観が楽しめ、安心して暮らせる場所であってほしい』という想いで生み出された「灯かりのいえなみ協定」。現在ではポラスグループの分譲地のスタンダードとなったこの協定の締結をご入居の皆様にお願いしています。

暗くなると玄関ポーチ灯、庭園灯、門柱灯などが自動点灯。街の沿道を明るく照らすとともに、夜道の足元も明るくなり、安全性が高まります。お住まいの方々の協力によって光の届かない通りを作らないようにする「ライティング計画」。夜の帰宅時、あたたかな灯りのともるわが家を見たときの安心感とともに、この美しい景観がわが街への誇りと愛着をもたらしてくれます。

【省エネルギー効果の高いLED照明を全外灯に採用】全ての照明にやさしく長寿命なLED照明を採用。虫があつまりにくく、ランニングコストも大幅に削減してくれます。
〈灯かりのいえなみ協定書〉協定内容に同意頂ける方のみに分譲住宅地の販売を行なっています。

一般的に戸建住宅の場合、明暗センサーやセキュリティシステムなどを個別で導入する単独の防犯対策は多いと思います。ポラスは分譲住宅を創る事業という特性を活かして、全体調和を主として考え、協定によって自動点灯することで手間無くライトアップに参加できる「灯かりのいえなみ協定」を2004年から導入しています。

全ての住民それぞれによる手動のスイッチ点灯では意識や帰宅時間の違いにより、全体での整った灯かりの沿道は実現しません。その為、「灯かりのいえなみ協定」では、各住戸の外灯の個別スイッチをなくし、明暗センサーを介した外灯を3〜5カ所設置。それらの灯かりを自動で灯し続ける事を街のルールとしています。
 この協定により、街全体の灯かりの配置や色まで統一させ、夜間のいえなみ景観を持続可能としています。

永く暮らす街だからこそ、
女性や子ども達が、安全で安心して暮らせる生活を。

周囲の家が留守でも自動点灯により、常に街全体がライトアップ

過去11年で10,000戸以上のいえなみで採用。その間、時代の変化に併せてLED照明などの環境配慮の商品に切り替えてきました。スイッチを押す必要が無いため入居者にとって手間が無く、一般的な防犯システムに比べて、低コストかつ簡易な防犯対策として効果を発揮できます。特に女性や小さな子どもを持つ世代にとっては安心につながる仕組みになっております。各住民と協定を取り交わしていることで住民同士の意識向上を誘発する点は無く良好なコミュニティの創出と防犯の目を育てることにもなります。 あたたかみのある光源のライトアップはシンボルツリーを照らし街並みを彩りながら、ひいては防犯に貢献することができるため、ポラスグループの新築分譲住宅では、ほぼスタンダード化しております。

【供給実績】2014年の導入から11年で10,000戸以上のいえなみを照らす
灯かりのいえなみ協定がある売出中の分譲地はこちら
  • パレットコートみずきの街 リンデンバウムの杜
  • パレットコート七光台
  • パレットコート六町 東京ココロシティ
  • パレットコート浦和 緑花未来区

灯かりのいえなみ協定 Q&A

Q.灯かりのいえなみ協定の目的は?

A.防犯対策と夜間の美しい景観形成の2つの目的があります。 玄関ポーチ灯・門柱灯などの照明(常夜灯)にかかる事項を協定することによって、分譲住宅地にお住まいになるお客様が相互に協力することを確認し、分譲住宅地全体で取り組んで頂く事を目的としています。

Q.灯かりのいえなみ協定の有効期間は?

A.お引渡日から電気のブレーカーを上げて頂きます。原則、廃止はできない協定の為、有効期間はありません。

Q.常夜灯の電気代は誰が払うの?

A.常夜灯の照明器具はお客様の所有物になる為、その照明器具の管理・電気代の支払いはお客様自身で行って頂きます。

Q.常夜灯の電気代はいくら払うの?

A.お客様が利用の電力供給会社との契約内容によって異なりますが、1ヶ月150円前後とお考えください。

Q.常夜灯の電気代はいつから払うの?

A.電力会社の名義変更をされた月の最初の電気代の支払いからご負担頂きます。

Q.常夜灯が切れたらどうするの?

A.常夜灯の照明器具はお客様の所有物になる為、常夜灯の点灯が切れた場合は、色温度が低い電球色の照明器具に速やかに交換を行って頂きます。

Q.常夜灯が点灯されるタイミングは?

A.外灯は、建物の南方向軒下に設置された明暗センサーが感知することで夕刻から明け方にかけて点灯されます。点灯時間等は、建物形状および配置の条件によって多少異なります。

Q.常夜灯を撤去して良いの?

A.常夜灯を撤去しないことが協定内容に記載させております。また、取り付け位置の変更をする場合は、中央グリーン開発株式会社と協議して頂く必要があります。

Q.灯かりのいえなみ協定の内容変更はできるの?

A.まずは分譲住宅地にお住いのお客様(協定区域内の土地所有者)全員の合意を頂く必要があります。その上で中央グリーン開発株式会社と協議させて頂きます。

ポラスの大型分譲住宅 パレットコート
住宅の買い時と税の関係
Facebookページはこちらから
中央グリーン開発のYouTube動画
ポラスのメルマガ
分譲地コミュニティ
子育てママの理想の家
収納コンシェルジュサービス付分譲住宅
ページの先頭へ